さのの雑記

さのの雑記ブログ

浸透力半端ない淡々とした雑記

Logicool(ロジクール)のモバイルキーボードなら『K480』がおすすめ! 購入レビュー!

こんにちは、さのです。

 

この度、持ち運び用のキーボードを購入しました。

 

今回はこちらのレビューをしていきます。

 

 

『PC』ではなく『モバイルキーボード』という選択。

持ち運び用のPCも持っているのですが、なぜ今回改めてモバイルキーボードを買ったのか。

 

それはキーボードの方が使いやすいと感じたからです。

 

PCは起動からブログを開いて書き始めるまで数分は掛ってしまいますが、スマホ+キーボードならば1分もかかりません。

 

私のような本業と家庭を持っている方なら分かると思いますが、PCを起動する数分がもったいないんですよ。

 

しかもPCに比べて、モバイルキーボードならコストが安い!

 

高くても1万円以内で購入できてしまいます。

 

コスパもいいし、時間も節約できるのなら買わない理由がないでしょ。

 

 

Logicool K480BK』

今回購入したのがこちらのキーボードです。

 
f:id:sanozakki:20170615060257j:image

 

こちらはモバイルキーボードにしては結構重量があるので、どちらかというと家庭で使う用に分類される商品だと思いますが、今回はあえてこちらを購入しました。

 

理由は打ち易く、安価だからという部分に尽きます。

 

コンパクトなモバイルキーボードは小さくて軽く持ち運びやすいという特徴をもつ反面、キーピッチが狭く、打ち辛い印象がありました。

 

打ち辛くて何度も打ち間違いをしてしまっているようでは、せっかく時短の為に購入したのに本末転倒になってしまいます。

 

なので今回購入するモバイルキーボードの選定では、フルサイズキーボードに近い打ち易さを重視しました。

 

しかもこのキーボードはスマホタブレットを立てられる溝が付いています。


f:id:sanozakki:20170611201216j:image

 

他のモバイルキーボードではあまりない機能です。

 

スマホを立てて使いたいのであれば、専用のカバーを購入するしかないのですが、このキーボードならその必要はない。

 

ということは私にとって2役以上の価値があるこのキーボードは、これ以上とない商品だったのです。

 

 

サイズ、重量

サイズの比較です。

 

比較対象は妻のiPhone5s

 

縦195×横299×厚さ20。


f:id:sanozakki:20170614053757j:image

f:id:sanozakki:20170614053606j:image

 

重量815g。

 

やはりモバイルキーボードとしては重くデカイのでかさばりますね。

 

でも以前購入したPCリュックがすべてを解決してくれました!

 

これなら持ち運びもらくらくです。

 

sanozakki.hateblo.jp

 

 

機能、仕様

接続先は3台まで登録可能です。

 

左上にあるダイヤルでペアリング先を変更できます。


f:id:sanozakki:20170614055254j:image

 

Bluetoothで接続するので、もちろん余計なケーブルを持ち歩く必要もありません。

 

カラーは黒と白の2色で販売されています。

 

キー構造は公式でパンタグラフと書いているのですが、打った感触だとどちらかというとメンブレンの感触に近いです・・・。

 
f:id:sanozakki:20170614055406j:image

 

対応OSはWindowsmacOSiOSAndroid、ChromeOSと幅広いので腐ることがない!

 

ただ1つ心配なのは、今後Fireタブレットを購入するする予定なのですが、FireOSにも問題なく使えるのかなってこと。

 

FireOSはAndroidの派生系のはずなので大丈夫だと信じたい…。 

 

 

まとめ

Logicoolのモバイルキーボード『K480』をレビューしましたがいかがでしたか?

 

持ち運び用のPCの代わりとして考えるのなら、重量もさほど気にならないのでとてもおすすめです。

 

もしあなたも新しいPCなどを考えているのなら、スマホ or タブレット+モバイルキーボードという選択肢もありますよ!