さのの雑記

さのの雑記ブログ

浸透力半端ない淡々とした雑記

私の相棒を紹介します。

青森に来てからの約1年間。

 

私にとっての心のオアシスにもなっている大切な相棒を紹介します。

 

そう、ブログアイコンにもなっている猫のえのさんです。(♂)

f:id:sanozakki:20170325162618j:plain

 

かわいいだろ?モフりたいだろ?と言わんばかりの顔です。

 

鼻にあるぶちがなんともブサカワいい猫なんです。

 

私がリビングのソファーで寛いでいると必ず乗っかってきます。

f:id:sanozakki:20170321055558j:plain

 

うるうるしたこの目がなんともたまらなくかわいいですね!

 

この家に来てからというもの、嫌なことがあった時や話したいことがあるときは、必ずえのさんに聞いてもらってます。

 

 

えのさんとの出会い

f:id:sanozakki:20170519155221j:plain

妻の実家で元々飼っていた猫で、私と同じく妻に拾われてきた猫です。

 

つまり、妻に拾われてきた仲間でこの家ではえのさんが先輩なのです!

 

だからいつも「さん」をつけて呼んでます。

 

ちなみに初対面の時に私が一目惚れしてしまい、なでなでしていたら「おっ、こいつ猫の扱い方分かってんな」的な顔をしてました。

 

 

ふてぶてしい猫、えのさん

f:id:sanozakki:20170519155248j:plain

ちなみにえのさんは拾われてきた身にもかかわらず、かなりふてぶてしい猫です。

 

私たちがご飯を食べているとおかずを勝手に持っていきます。

 

ちょっと目を離したすきにひょいっと。

 

特に魚だと執着心がやばい。ごみ箱ですら漁り始める始末。

 

魚を食べた日にはごみ箱を隠しておかないと翌朝大変なことになります。

 

 

今では相棒

f:id:sanozakki:20170519161613j:plain

えのさんとの仲は今では家族の中で私が一番良い自身があります。

 

朝リビングへ降りてきて挨拶すると必ず「んにゃぁ~」と鳴きながら近寄ってきて、早く撫でろと言わんばかりに頭を擦りつけたりゴツンゴツンぶつけてきたりします。

 

他の家族が呼んでも反応しないのに、私が呼ぶと返事をしてくれます。

 

本当に私の言葉だけは理解しているんじゃないかと錯覚するくらい。

 

 

いつも寂しそう
f:id:sanozakki:20170517155719j:image

えのさん、いつも寂しそうなんですよ。特に朝と夜。

 

というのもえのさんは生活スペースがリビングしか与えられていないんですね。

 

なので夜は常に一人で寝ています。

 

たまには一緒に寝たいと思っているのですが、リビングで寝ているときに限って近寄ってこないツンデレさんです。

 

今は息子がまだ小さいので、夜も一緒に寝かせるのは心配なので、もう少し息子が大きくなってからですね!

 

実家からでて自分達の家を持てるようになったら家の中を自由に行き来できるようにしてあげたい。

 

 

まとめ

とりあえずえのさん大好きです。

 

ただこちらの言うことは全くお構いなしに欲望のままに生きている猫なので、放っておけば食い散らかすし、爪も伐らせてくれないしでそこは何とかして欲しいですね・・・。

 

また機会があったらえのさんとのエピソードやかわいい写真などを載せていきますね!