さのの雑記

さのの雑記ブログ

浸透力半端ない淡々とした雑記

口唇ヘルペスの市販薬、効果的な使用法とは

f:id:sanozakki:20170325153332j:plain

痛いし痒いしみっともない!

 

何度も再発する口唇ヘルペスには困ってしまいますよね。

 

本来ならば唇の違和感を感じた時点で病院に行くのがベストです。

 

でもヘルペス用の内服薬は保険適用後の価格でも1錠500円もしますし、口唇ヘルペスの場合は処方量の上限が5日分と決められています。

 

頻繁に再発する方にとってはお財布にも優しくないですし、病院に行く数時間の間にもヘルペスウイルスは増殖を続けているので時間的にもロスしてしまいます。

 

そこで1つは持っておきたいのが薬局で購入できる口唇ヘルペス用の市販薬です。

 

いちいち病院に行きたくない人、忙しくて行けない人もいらっしゃると思いますので、今回は口唇ヘルペスの市販薬について纏めてみます。

 

 

口唇ヘルペスの市販薬について

口唇ヘルペスの市販薬は「第一類医薬品」に分類されています。

 

その為、薬剤師が不在の場合は薬局での購入もできません。

 

そしてそれらの市販薬は「口唇ヘルペス再発時に使用する薬だという事を覚えておいてください。

 

初めて口唇ヘルペスだと思われる症状がでた場合には、購入できません。

 

初めて発症した場合には、必ず病院で医師の診断や治療を受けてください。

 

 

薬局で購入できる口唇ヘルペス市販薬

現在、口唇ヘルペスの薬で市販されているのは塗り薬のみとなっていますが、成分や用途によって大きく2つに分類されます。

 

それぞれ纏めていくので、目的に合ったものを選んでください。

 

アクチビア軟膏グラクソ・スミスクライン株式会社)

 参考→グラクソ・スミスクライン株式会社

 

《タイプ》軟膏タイプ

《用法・用量》1日3~5回、適量を患部に散布する

《抗ウイルス成分》アシクロビル50mg

 

アクチビアにはマクロゴールが配合されていますので、患部の保護と保湿の効果があり、患部のひび割れなどを防ぎます。

 

塗った直後はいかにも薬を付けてるなって感じで白く残りますが、体温で薬が溶けて乾いてくれば目立たなくなってきます。

 

乾くまでに多少時間がかかるので、外出時やマスクを着けている人にはあまり向かないかもしれませんね。

 

 ヘルペシアクリーム大正製薬株式会社)

参考→大正製薬株式会社

 

《内容量》2g

《タイプ》クリームタイプ

《用法・用量》1日3~5回、適量を患部に散布する

《抗ウイルス成分》アシクロビル50mg

 

ヘルペシアクリームはクリームタイプなので軟膏タイプの薬品とは違い、伸びが良く目立たないのが特徴です。

 

ということは外出時やマスク着用時はこちらの薬の方が相性が良いです。

 

ただしこちらは色々な保存料が配合されていますので、保存料でアレルギーを起こした経験のある人は使用を見送った方が良いと思います。

 

アラセナS・アラセナSクリーム佐藤製薬株式会社)

・アラセナS

参考→佐藤製薬株式会社

 

《内容量》2g

《タイプ》軟膏タイプ

《用法・用量》1日1~4回、適量を患部に散布する

《抗ウイルス成分》ビダラビン30mg

 

・アラセナSクリーム

参考→佐藤製薬株式会社

 

《内容量》2g

《タイプ》クリームタイプ

《用法・用量》1日1~4回、適量を患部に散布する

《抗ウイルス成分》ビダラビン30mg

 

最後は佐藤製薬さんのアラセナです。

 

アラセナは軟膏タイプ、クリームタイプどちらも販売されているので、用途に応じて使い分けることが可能です。

 

こちらは他の薬とは違い、抗ウイルス成分はビダラビンが30mg配合されています。

 

ビダラビンはアシクロビルと比べて少ない量で効果を発揮しますので、1日1~4回と少ない散布回数でも効果が期待できます。

 

口唇ヘルペスの市販薬は容量が少ないにも拘わらず値段が高いので、これは消費者にとっては嬉しい限りです。

 

ただし、欠点としてはアラセナ自体の価格が高いというところかと思います。

 

お店によってはアクチビアの倍の値段をつけているお店もありますので、ご注意ください。

 

 

効果的な使い方は?

口唇ヘルペス市販薬の効果的な使用法について解説していきます。

 

まず、口唇ヘルペス再発の過程をおさらいしてみましょう。

  1. 唇の周りがチクチク、ヒリヒリするような違和感を感じる
  2. 患部が赤く張れてくる
  3. 数時間~1日程度で水ぶくれができる
  4. 2週間程度をかけて完治する

基本的にはこのような過程を踏みます。

 

 

では口唇ヘルペスの市販薬をどのタイミングで塗るのが一番効果が高いのでしょうか?

 

口唇ヘルペスの市販薬にはアシクロビル、ビダラビンという抗ウイルス成分が使われています。

 

このアシクロビルとビダラビンは、ウイルスの増殖を抑える成分であり、ウイルスそのものを攻撃して無くしてしまう成分ではありません。

 

ということは、ウイルスが増殖を始めた段階で使用するのが一番効果的という事になりますね。

 

上記番号の中でウイルスが体内で増殖を始めたタイミングは1番なので、唇周りに違和感を覚えた時に散布するのが一番効果的な使用法という事になります。

 

そして水ぶくれができるような段階まで来るとウイルスが増殖してしまっているので、薬を使っても殆ど効果はないと考えてください。

 

ちなみに前回の記事でも書きましたが、ヘルペスにはリジンサプリが効果的です。

これがあれば薬は必要ないくらいなので一度試してみてはいかがですか?

 

まとめ

今回は口唇ヘルペスの市販薬と効果的な使い方について解説しました。

  • 市販薬は再発治療薬であり、購入時には注意が必要
  • 市販薬は塗り薬のみ
  • 善は急げ、唇に違和感を覚えたらすぐ薬を塗る

纏めるとこんな感じになります。

 

口唇ヘルペスは現代の医療では完治させることができない病気ですので、常に再発のリスクが付きまといます。

 

そのために薬の準備をするも大事なのですが、一番重要なのは自身の体調を管理することです。

 

睡眠や食事をしっかりと取り、ストレスをできるだけ貯めない生活習慣など、体の免疫力を上げることを意識して生活をしましょう。