さのの雑記

さのの雑記ブログ

浸透力半端ない淡々とした雑記

すき屋のすゝめ

すき屋の記事を書こうとgoogleで検索したら驚愕しました・・・。

 

すき屋派って少ないんですね!!!!

 

正直、とてもショックでした。

 

吉野家派や松屋派の方が多いというのはわかってましたが、これほどまでに酷評されているなんて(笑)

 

社会人になりたての頃からずっとお世話になっているすき屋がこんなにも人気がなかったなんて・・・。

 

不味い不味いって言われてるけど俺は大好きなんだからな!!!

 

そんなすき家についてまとめてみようと思います。

 

 

そもそもすき家って?

すき家(すきや)は、ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部が運営する牛丼チェーン店。47都道府県・日本国内店舗数最多の合計1,981店舗(2014年10月現在)を展開している。店舗の看板には屋号とともに、「牛丼」と「カレー」の文字が使われており、牛丼とカレーが主力商品となっている。 

 発祥は1982年、神奈川県横浜市に1号店がオープン。

 

その後ぐんぐん店舗数を増やし、2008年ごろには吉野家を抜き、今でも牛丼チェーンの中では単独トップの店舗数を誇ります。

 

 

すき家を選ぶ理由と他チェーンとの違い。

牛丼の値段は並盛で350円。(2017年3月1日現在)

 

味付けはちょっと濃いめ。

 

トッピングが沢山あり、牛丼以外のメニューも豊富で豚丼を始め、カレーや。

 

その日の気分で頼めるので、毎日行っても飽きません。

 

私は実際にほぼ毎日のように行ってます(笑)

 

あと他のチェーンと比べて店内が少し広々としているので、ゆったりと座れます。

 

ファミリー層を取り込もうとしているからでしょうか?

 

テレビCMからもそんな印象を受けます。

 

 

すき家の欠点

肉がボロボロのカス肉。

 

これは同意せざるを得ない。

 

安い肉を濃い味付けで誤魔化しているのは事実だと思う。

 

 

おすすめは?

最近のマイブームは高菜明太マヨ牛丼。

f:id:sanozakki:20170301230843j:plain

 

濃いめの牛丼にマヨネーズでコクを出しつつ、高菜と明太の辛味できゅっと締めたような味付けです。

 

辛い物好きな方にはぜひおすすめしたい1品。

 

他のトッピングだとわさび山かけもおすすめ!

 

牛丼は抵抗がある・・・という方には鳥そぼろ丼や、ご飯を豆腐に変えた牛丼ライトなどもあります。

 

カレーもおいしい。

 

コ〇壱なんかより絶対においしい。

 

 

まとめ

すき屋はそのイメージの悪さから今まで嫌煙してきた方も多いかもしれません・・・。

 

味そのものは決して悪いわけではなく、トッピング等で自在に味を変えられる分、あなたの気分へ臨機応変に対応できます。

 

なので1度や2度で見限ってしまった方は、ぜひもう一度トッピングや、他の丼を試していただきたいです。

 

すき家大好き!

 

すき家万歳!!!