さのの雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さのの雑記ブログ

浸透力半端ない淡々とした雑記

【浸透力半端ない】ブログの説明について【淡々とした】

浸透感半端ない淡々としたブログってなんやねんって話です。

 

 

見ました?

 

逃げるは恥だが役に立つ

めっちゃ面白かった!

 

最初はCMでガッキーかわいい!と思いながらも放送時間が寝入っている時間なのでリアルタイムでの視聴はあきらめていました。

 

サラリーマンの朝は早い。夜短い。

 

ところがどっこい。

 

取引先の方と飲みに行く機会があって、

 

「さの君、逃げ恥見てる?平匡さんに雰囲気めっちゃ似てるわwww」

 

って言われましてですね。

 

それを妻に話したんですよ。そしたら、

 

「あっ・・・めっちゃ似てる!メガネとか可愛いところとか見た目の雰囲気もそっくり!」

 

だそうで。

 

可愛いのか。

 

可愛い系男子か。

 

歴代の彼女や以前の上司にも可愛い系だといわれ続けてきたのでどうやら間違いない様子です。

 

 

・・・まぁそれは置いといて。

 

妻に聞いたら録画してるって言うんですよ。

 

晩飯貪りながら見てましたが・・・引き込まれていきました。

 

しかも回を追う毎にどんどん面白くなっていく。

 

毎週火曜日が楽しみで仕方がなかったです。

 

平匡さんの卒業シーンはとても共感しましたね。

 

いや、初めての時って立たねーんすよ(笑)

 

立たない時って、ばつが悪くて逃げ出したいんすよ(汗)

 

 

 

・・・また話が脱線しました。

 

ブログの説明についてでしたね。

 

逃げ恥3話の中に、みくりさんの

 

「でも平匡さんが一番好きですよ。しみじみ落ち着いていて・・・あ、変な意味じゃないですよ!!」

 

というセリフに対して、平匡さんが「浸透力はんぱなーい!」と叫ぶシーンがあります。

 

そんなみくりさんの様に、誰かの心に潤いを与えられる。

 

そんな文章を書けたらいいなと思ってこのフレーズを取りました。

 

 

そして【淡々とした】って方。

 

そちらも逃げ恥からなんですが。

 

平匡さんってとても優秀なシステムエンジニアらしいです。

 

私はシステム系の仕事は全く学んでいないので、SEが実際どんなことをしているのかはまったくわかりません(笑)

 

でも私の中の平匡さんのイメージって職場でもPCに向かって淡々と仕事をこなしているって感じなんです。

 

そんな平匡さんの様にブログを書いていけたらいいな、と思って淡々としたという表現を使いました。

 

実は私、筆不精なんです(笑)

 

メールとかLINEとかめんどくさくて返したくないんですよ。

 

電話で話すのは平気です。

 

でも文字を打つのが苦手。

 

LINEなんてすぐ書けるじゃん、とおもうかもしれませんが、

 

それができないのが私なのです。

 

メールよりも電話。

 

電話よりも直接会って話したい人なんですよ。

 

なぜなんでしょうね。

 

ブログなどの長文も取っかかるまでに時間がかかります。

 

いいネタを思いついた時でも後回しにして、結局ネタを忘れてしまいます。

 

書き始めてしまうと、もっともっと書きたい!とはなるんですが、筆不精は良くない。

 

非常に良くない。

 

ちなみに今は平成29年2月12日AM5時50分。

 

こんな早朝から何をしているのかといえば、11日(祝)の出勤当番で、朝7時頃から24時間いなくてはなりません。

 

うちの会社は土日祝関係なくトラックが動いてますので、点呼を取るために長期連休以外は毎日誰かが出勤しています。

 

私はこんな感じの時間がないと書けないんですよ。

 

一人の静かな空間じゃないと集中できない人間なんです。

 

家は義両親、嫁、子供がいますし、自分の部屋もないので一人になれる空間がありません。

 

なので朝早く、もしくは会社帰りにカフェ(カフェならうるさくても大丈夫)に寄ったり、夜勤当番の日に書いたりしています。

 

なので正直、毎日更新することはできないと思います。

 

できなくはないですが、かなり記事の質は落ちますね。

 

なぜか妻にも息子にも大変好かれているようなので、家にいるとかまってちゃん攻撃に合います。

 

そんな状態では絶対にいい記事なんてかけやしないと思うので、こういう一人の時間にかいてます。

 

これからも自分の経験の中で、人の役に立てる部分があれば書いていきますし、わからないことを調べてまとめて記事にしたりしていきます。

 

つたない文章で申し訳ありませんが、ご一読いただけましたら幸いです。