さのの雑記

さのの雑記ブログ

浸透力半端ない淡々とした雑記

【書評】ラノベ『絶対ナル孤独者』感想とあらすじ。【ネタバレ有】

こんにちは、さのです。

 

今回は今更ですが、川原礫さんのライトノベル、『絶対ナル孤独者』を読了したので、感想を書いていきたいと思います。

 

元々川原礫さんのライトノベルアクセル・ワールドから入って、ソードアートオンラインも読んでいるんですが、このタイトルに惹かれて購入してみました。

 

孤独者ってすごく中二臭いんですが、できるだけ人と関わりたくない私にとっては長年の憧れであったりもするので、とても惹かれてしまいました(笑)

 

 

ラノベ絶対ナル孤独者1』の基本情報

著者:川原礫

イラスト:シメジ

出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

発売日:2014年6月10日

ISBN:978-4-04-866510-0

 

 

登場人物

・空木ミノル

本作の主人公。高校一年生。3ヶ月前に空から降ってきた謎の球体に寄生され、身体能力の向上と共にすべてを遮断する殻を生成する不思議な能力を手に入れた。幼い頃起きた一家虐殺事件の生き残りであり、その時の後遺症から髪が白い。悪い出来事をずっと抱えてしまう癖があり、その為に人と関わらないようにしている。

 

・箕輪朋美

ミノルと同じ高校に通っており、中学校も一緒だったらしい。(ミノル本人は覚えていない)朝のランニング時にミノルと遭遇したせいでバイターのターゲットとなり、事件に巻き込まれてしまう。

 

・高江洲晃/咀嚼者(バイター)

ミノルと同じく、3ヶ月前に空から降ってきた謎の球体により鮫に変身できる能力を手に入れた。表向きは美食評論家であり、子供の頃に母親のしつけによるストレスから心の傷を負っている。

 

・由水典江

ミノルの親戚であり両親がなくなった時に彼を引き取って、現在は義理の姉となっている。ミノルと二人で暮らしており、常に彼のことを気遣っている。

 

・安須ユミコ

ミノルとバイターの戦闘中に乱闘してきた少女。『サードアイ』の所有者であり、他の所有者への対処をを専門とするある組織の一員。能力は加速。

 

 

あらすじ

空木ミノルはある日空から降ってきた謎の球体『サードアイ』に接触した。それからというもの不思議な身体能力の向上にミノル自身も驚いていた。クラスメイトである箕輪朋美がバイターに襲われているのを発見し、助けに入ったことでミノルは現代科学では解明できない特殊な能力を開花させる。そこに突然現れる謎の女、安須ユミコと協力しバイターを撃退する2人だったがすんでのところで逃げられてしまう・・・

 

 

感想

ストーリーは異能力バトルものです。

 

ただ主人公の能力が敵をばったばったと倒していくような物ではなく、今の状態は完全な防御スキルでしかないですね。

 

攻撃方法は殻で殴るだけなので、鈍器で殴るのとそんなに変わらないのでは?(笑)

 

それでもやはり川原さんの描くバトルシーンは引き込まれてしまいますね。

 

 そして私が一番引き込まれたのが、主人公であるミノルが特課に協力する理由でした。

 

それはすべてが終わった暁には、課長の記憶操作の能力で周囲の人間の記憶からミノルの記憶をすべて消して欲しいという、主人公ならざる願い。

 

自分で言うものあれですが、私は昔から自尊心が低かったのです。

 

死んでしまうのではなく、自分の存在はもちろん、周りの人間の記憶の中からも消えてしまいたいと思うことが多々あったんですよね。

 

今でもたびたび思ってしまうことはありますが、現在は最愛の妻と息子がいるのでもっと頑張らないととなんとか自分を奮い立たせてます。

 

っと、話がそれましたがこの作品のもう一つの素晴らしいところは敵対するキャラクターの魅力でしょう。

 

サードアイ』は寄生した本人のトラウマを元にして能力を与えます。

 

その性質上『サードアイ』保持者の過去を掘り下げる必要があるんですよね。

 

そのおかげでキャラクター一人一人の個性が立っていて、味方と敵どちらにも感情移入してしまう作品になっています。

 

川原さんの作風なのでこれからミノル君は無双してハーレムになるのは確定でしょうが、その心境の変化や能力の進化の仕方など楽しみな部分がたくさんあるので、こちらも最新刊が待ち遠しい作品になりました。

 

バトル物のラノベが読めるのでしたらおすすめしたい作品ですので、皆さんも是非一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

 

バンボって何?いつからいつまで?そもそも必要なの?中古でもいい?

こんにちは、さのです。

 

最近、今月で1歳になった息子のつーさんが何をしている時もじっとしていられなくて、食事やオムツ替えの時に苦労しております。

 

オムツ替えはなんとか抑えながらやることはできるのですが、問題は食事中。

 

口に入れようとした瞬間に横を向いて、ほっぺにべチャリとか、床や服にこぼれたりとか…。

 

それにつーさんは一度に食べる量が多いので、お腹いっぱいになってなくとも食事の途中で飽きてしまって、おもちゃとかに注意が行ってしまうんですよね。

 

そのくせ、おもちゃに飽きるとまたご飯をねだってきたりと最近キチガイ嫁に似てワガママになってきております。

 

そこで検討していたのが『バンボ』でした。

 

【ネタバレ注意】映画『ルーム』を見た感想とあらすじ

お久しぶり、さのです。

 

今回はずっと気になっていた映画『ルーム』をやっと視聴できたので感想を書いていこうと思います。

 

 

ファミマとLINEの提携、進む未来化。奪われる雇用。

こんにちは、さのです。

 

本日はコンビニ関連の記事です。

 

f:id:sanozakki:20170703172041j:plain

 

ファミマとLINEが提携。 『次世代コンビニ』

japanese.engadget.com

 

これを見て思ったのは「なぜファミマ?」という事でした。

 

LINE側からすれば、最大手であるセブンと提携した方がより良いサービスを作り上げることができると思うんですよね。

 

セブンアンドアイは商品の質、物流、サービス展開とどれを取っても一流ですし、将来はコンビニだけではなくスーパーの方まで展開できるのでセブンを選ばない理由はないと思うんですよね。

 

だけど今回はファミマを選んだ。

 

テーマカラーが同じ緑だからかな?(笑)

 

というのは冗談で、マイナビニュースの方にはファミマが主導だと言及がありました。

 

news.mynavi.jp

 

正直ファミマの商品でセブンの商品には敵いません。

 

なので店舗のサービスを近未来的にすることで差別化を図ってきましたね。

 

これはいいアプローチだと思うのですが、ただ果たして日本でこの形態の店舗が通用するのかどうか。

 

私の個人的な意見を言うと、「Amazon Go」は日本では流行らないが、ファミマ+LINEは東名阪あたり、もしくは政令指定都市ならそこそこの顧客を集められるのではないかと思っています。

 

というのも、やはりおもてなし文化のある日本の事ですから店員が居て、接客して、初めて店舗として成り立つのではないでしょうか。

 

無人の販売サービスで言えば自動販売機もありますが、それとは維持コストや商品管理の面でも全く違った物になりますし日本では馴染まないのかなと考えています。

 

とくに地方では電子マネー等はまだまだ浸透していないのが現状ですので、やはり都会の店舗限定になるでしょう。

 

ただ私の好みだけで言えば正直「Amazon Go」の方が好きですね。

 

人間嫌いな性格なので、他人と一切関わる事がない店舗はとても嬉しいです。

 

まぁ、青森にできるのはまだまだ遠い未来の話になるのでしょうけどね・・・。

 

 

AIに奪われていく仕事

仮にこれからAI型店舗が普及するとしたらコンビニやスーパー、その他量販店は殆ど人手がいらなくなってしまう。

 

商品の陳列(未来的には自動販売機のようなものにセットするようになるんでしょうか?)や店舗管理はどうしても人間の手がなければできませんが、レジ打ちに割く人員が必要なくなってくるんです。

 

 小売業は今まで余った人材の受け皿としての側面もあったのですが、それが無くなってくると働きたくとも働けない人が増えてきます。

 

特に学生や主婦のアルバイト先が激減しますよね。

 

その問題をどうするかが今後の課題になってくると思います。

 

政府の対応も含めて楽しみにしています。

 

Logicool(ロジクール)のモバイルキーボードなら『K480』がおすすめ! 購入レビュー!

こんにちは、さのです。

 

この度、持ち運び用のキーボードを購入しました。

 

今回はこちらのレビューをしていきます。

 

 

『PC』ではなく『モバイルキーボード』という選択。

持ち運び用のPCも持っているのですが、なぜ今回改めてモバイルキーボードを買ったのか。

 

それはキーボードの方が使いやすいと感じたからです。

 

PCは起動からブログを開いて書き始めるまで数分は掛ってしまいますが、スマホ+キーボードならば1分もかかりません。

 

私のような本業と家庭を持っている方なら分かると思いますが、PCを起動する数分がもったいないんですよ。

 

しかもPCに比べて、モバイルキーボードならコストが安い!

 

高くても1万円以内で購入できてしまいます。

 

コスパもいいし、時間も節約できるのなら買わない理由がないでしょ。

 

 

Logicool K480BK』

今回購入したのがこちらのキーボードです。

 
f:id:sanozakki:20170615060257j:image

 

こちらはモバイルキーボードにしては結構重量があるので、どちらかというと家庭で使う用に分類される商品だと思いますが、今回はあえてこちらを購入しました。

 

理由は打ち易く、安価だからという部分に尽きます。

 

コンパクトなモバイルキーボードは小さくて軽く持ち運びやすいという特徴をもつ反面、キーピッチが狭く、打ち辛い印象がありました。

 

打ち辛くて何度も打ち間違いをしてしまっているようでは、せっかく時短の為に購入したのに本末転倒になってしまいます。

 

なので今回購入するモバイルキーボードの選定では、フルサイズキーボードに近い打ち易さを重視しました。

 

しかもこのキーボードはスマホタブレットを立てられる溝が付いています。


f:id:sanozakki:20170611201216j:image

 

他のモバイルキーボードではあまりない機能です。

 

スマホを立てて使いたいのであれば、専用のカバーを購入するしかないのですが、このキーボードならその必要はない。

 

ということは私にとって2役以上の価値があるこのキーボードは、これ以上とない商品だったのです。

 

 

サイズ、重量

サイズの比較です。

 

比較対象は妻のiPhone5s

 

縦195×横299×厚さ20。


f:id:sanozakki:20170614053757j:image

f:id:sanozakki:20170614053606j:image

 

重量815g。

 

やはりモバイルキーボードとしては重くデカイのでかさばりますね。

 

でも以前購入したPCリュックがすべてを解決してくれました!

 

これなら持ち運びもらくらくです。

 

sanozakki.hateblo.jp

 

 

機能、仕様

接続先は3台まで登録可能です。

 

左上にあるダイヤルでペアリング先を変更できます。


f:id:sanozakki:20170614055254j:image

 

Bluetoothで接続するので、もちろん余計なケーブルを持ち歩く必要もありません。

 

カラーは黒と白の2色で販売されています。

 

キー構造は公式でパンタグラフと書いているのですが、打った感触だとどちらかというとメンブレンの感触に近いです・・・。

 
f:id:sanozakki:20170614055406j:image

 

対応OSはWindowsmacOSiOSAndroid、ChromeOSと幅広いので腐ることがない!

 

ただ1つ心配なのは、今後Fireタブレットを購入するする予定なのですが、FireOSにも問題なく使えるのかなってこと。

 

FireOSはAndroidの派生系のはずなので大丈夫だと信じたい…。 

 

 

まとめ

Logicoolのモバイルキーボード『K480』をレビューしましたがいかがでしたか?

 

持ち運び用のPCの代わりとして考えるのなら、重量もさほど気にならないのでとてもおすすめです。

 

もしあなたも新しいPCなどを考えているのなら、スマホ or タブレット+モバイルキーボードという選択肢もありますよ!