さのの雑記

さののの雑記

『浸透力半端ない淡々としたブログ』

絶品スーラータンメン!八戸市にある「中国料理 広州 売市店」に行ってきたよ!

こんにちは、さのです。
突然ですが私はスーラータンメンが大好きです。
八戸に引っ越してくる前も宮城県で食いまくってました。
そんな私が生涯食べたの中で1、2を争うほどうまいスーラータンメンを!!!
この八戸で!!! 
その絶品スーラータンメンを提供しているのが今回ご紹介する「中国料理 広州 売市店」です!
 
 

「中国料理 広州 売市店」の基本情報

f:id:sanozakki:20180929072021j:plain

住所:青森県八戸市売市3丁目15−35
電話番号:0178-47-6181
営業時間:11:00〜15:00(L.O14:30)・17:00〜21:00(L.O20:30)
定休日:水曜日
※宴会メニューあり
※駐車場6台分あり
 

靴流通センターに向かって左奥側にあるので多少見つけづらいです。
 
お昼の時間帯は大変混み合っていて待ちが出ることもあります。
いつも13時過ぎ、もしくは夜の時間帯だと比較的空いている印象です。 
 
 

店内

4人がけ小上がり卓×3
4人がけテーブル×4
2人がけテーブル×2
※テーブルをくっつけることもできます。

f:id:sanozakki:20180929072346j:plain

 
川沿いにあるお店なのですが、小上がりにある大きな窓からは川の向こう側の景色が眺められます。
夜は夜景がちょっと綺麗。漫画も多少あります。
小上がりは比較的明るいのですが、テーブル席の方は蛍光色のライトのみで薄暗い感じ。
 
 

メニュー

スーラータンメン 800円

f:id:sanozakki:20180930075047j:plain

広州売市店を語る上で絶対外せないのがこのスーラータンメン。

麺は細ストレートですがスープのとろみが絶妙なのでよく絡みます。

f:id:sanozakki:20180930074945j:plain

具材は定番の豚肉、たけのこ、溶き卵はもちろん白菜、もやし、きくらげ、蟹のむき身と豪華。

おかげでボリュームがあるので普通の人はこれ1杯だけでもお腹いっぱいになると思います。

f:id:sanozakki:20180930074925j:plain

このボリュームで800円はコスパ激高じゃないですか!?
スープはもちろん酸っぱ辛い!よくあるなんちゃってスーラータンメンではありません!
めっちゃ辛いしめっちゃ酸っぱいよ!!!
俺はこの味がずっと食いたかったんだ!!!!!って感じ。
もうやみつきになってしまってこのお店のことを考えるだけで唾液がドバドバ出てきます。
書いている今も唾液が溢れ出して嫁のMacbookが唾液まみれ。
ちなみにこの記事を書くに当たって他のメニューもレビューしようと思ったのですが、訪問するとどうしてもスーラータンメンが食べたくなってしまいなかなか進みませんでした笑
 

麻婆飯+ラーメンセット 900円

f:id:sanozakki:20180929071235j:plain

※写真の麻婆飯はご飯半分。ご飯物の料理はご飯を半分にすることができます。
ラーメンはあっさりとしたスープで細ちぢれ麺を使用した中華料理屋よくで出てくる定番のあの味を想像していただければわかると思います。
麻婆飯は本格四川麻婆豆腐をかけた丼物。辛い!というか痛い!!!舌が!!!!!
こんなに辛い麻婆豆腐は久しぶりに食べました。
八戸で食べた中では一番本格的な四川麻婆豆腐だと思います。
こっちも病みつきになりそう・・・。
ちなみにお店が空いてる時間帯だと5分くらいで出てきます。
 

ほうれん草餃子 6個400円

f:id:sanozakki:20180930075126j:plain

ほうれん草が練り込んである緑色の生地。
食べるとほのかにほうれん草の風味も漂ってきます。
個人的には普通の餃子よりもおすすめです。
ちなみにイカスミ餃子もありますがそちらは結構クセが強く、玄人向け。
おかずよりお酒のおつまみの方が合うと思います。
 

中華飯 650円

f:id:sanozakki:20180930074827j:plain

具材は人参、たけのこ、ほうれん草、豚肉、きくらげの5種類。
付け合せでザーサイもあります。
餡には具材の旨味がしっかり溶け込み、あまい味付けは食欲をそそります。
※写真は半ライス版
 

炒飯 600円

f:id:sanozakki:20180929072044j:plain

中国料理店、中華料理店の是非を決める味ですが・・・。
こちらもうまい!ものすごい安心感。
ザーサイとスープ付きで600円はコスパ高い。
 

その他

f:id:sanozakki:20180929071712j:plain

f:id:sanozakki:20180929071705j:plain

f:id:sanozakki:20180929072032j:plain

f:id:sanozakki:20180929072026j:plain

 
 

悪いところ

ホールの接客が悪い

接客はおばちゃん1~2人くらいでしているのですが、見ててとにかく雑だなーと思います。
人にも寄りますが、料理の置き方とか言葉遣いとか。
 

店内が薄暗い

テーブル席は日中も薄暗い。
夜になるとクラブやバーかな?ってくらい暗い。
 

ご飯半分にしてもお値段そのまま

ご飯半分にすると50~100円引きになったりするお店が多い中でお値段そのままはちょっと痛いかな。
 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか、コスパ抜群の「中国料理 広州 売市店」。

ん?と思う部分は多少ありますが、この味を変わらずに提供していただけるのならば通わない理由はない。

特にスーラータンメン好きの方ならば1食の価値ありです。
 

八戸市のグルメ情報一覧‼ 八戸で○○食いたいならここに行け!【随時更新】※H30.10.6追記


f:id:sanozakki:20180930080529j:image
 
こんにちは、さのです。
私は学生時代から食べ歩きをするのが好きで、「この料理を食べたいなら絶対このお店!」っていうのが多いのですが、八戸に引っ越してから「これだ!」っていうお店を見つけるのにとても苦労してます。
そんな中でも、特に気に入ったお店を紹介していきます。
 
 

定食

沼館食堂

住所:青森県八戸市沼館2丁目11-20

電話番号:0178-45-6238

営業時間:11:30~20:30

定休日:日曜日

 

沼館食堂は最近では珍しい、とてもチープな大衆食堂です。おすすめは煮魚定食。

刺し身付きでなんと600円!お財布に優しい!!

自宅からも職場からも遠いし日曜定休なのでなかなか行けませんが、たまの平日休みに行ったりしてます。

 
 

スーラータンメン

中国料理 広州 売市店

f:id:sanozakki:20180929072021j:plain

住所:青森県八戸市売市3-15-35

電話番号:0178-47-6181

営業時間:11:00~15:00・17:00~21:00

定休日:水曜日

 
広州さんの酸辣湯麺は私の食べてきた中で1、2を争うほど美味い!!
まさか八戸でこんなに美味しい酸辣湯麺に出会えるとは…
酸辣湯麺だけかというとそうじゃない。他メニューもかなりの美味しい部類です。おすすめは「炒飯」、「ほうれん草餃子」。
そしてここでご飯を大盛りにすると…
 
※個別記事を書きました!
 
 

うどん

我のうどん てんまる

住所:青森県八戸市日計1丁目98-1

電話番号:0178-80-7356

営業時間:月~土11:30~22:00(L.O21:30)、日祝11:30~21:00(L.O20:30)

定休日:火曜日

 
こちらは八戸市の町中でも工業団地や自衛隊の駐屯地に近い所にあるうどん屋さん。本場香川県の小麦粉を使用した自家製麺で提供しています。割安なランチメニューや大盛り無料のシステムもあるのでサラリーマンには嬉しいですね。
そしててんまるを語る上で外せないのが鶏唐揚げ!若干値段は高めですが、外はサクッと中はジューシー。絶品の唐揚げを堪能できます。
 
 

海鮮

和処 大うち

住所:青森県八戸市大字十八日町1-4

電話番号:0178-51-6364

営業時間:ランチ11:30~14:00、夜17:30~23:00

定休日:日曜日

 
八戸グランドホテル入り口正面、小道沿いに並んでいる居酒屋の1店舗。八戸の夜の中心街からは少し外れていますが、それでも足を運ぶ価値があるお店だと思います。
鮮度の良い海鮮物がリーズナブルな価格で提供されています。恐らくみろく横丁で同じ物を食べたら1.5倍〜2倍くらいの値段はするでしょう…(みろく横丁が高いだけ)
海鮮の一品物はもちろんお寿司も提供していますので、ここ一軒だけで締めまで楽しめてしまいます。
ちょっと強面の大将さんなので初めて入ったときは緊張しました(一人で入った)が、意外と話好きなので一人でも気楽に楽しめますよ。
 
 

焼き鳥

すぎや

住所:青森県八戸市番町9-1

電話番号:0178-45-4599

営業時間:17:00~翌0:00(L.O23:00)

定休日:日曜日

 
八戸市役所のすぐ近く場所にある、紀州備長炭を使用したこだわりの焼き鳥屋さん。
それでいて某大手チェーン店と変わらないリーズナブルな値段設定。
繁華街にも近く本八戸駅へと向う道沿いというのもあり、いつも混雑しています。
全てのメニューが標準以上の味ですが、特におすすめするのは「しいたけの肉詰め」と注文を受けてからタネを手ごねする「つくね」。
 

居酒屋ていじ

住所:青森県八戸市鷹匠小路1-3

電話番号:0178-45-9392

営業時間:17:30~翌0:00(L.O23:00)

定休日:月曜日

辛味噌味の焼き鳥が食べたいなら忘れてはいけないのがこの「ていじ」!

1日10皿限定の辛味噌焼き鳥盛り合わせが熱い!!!

家族で切り盛りしていて、雰囲気とかも特段変わったところはないのですが、この焼き鳥だけは食べて欲しい!!!

 

おでん

柳堂

住所:青森県八戸市長横町18

電話番号:0178-43-2565

営業時間:18:00~翌2:00

定休日:水曜日

レンサ街の一角にあるとてもファンキーな雰囲気のお店。

中にはラットフィンクやスケボーブランドのステッカーなどが所狭しと並んでいます。

おでんは大根、たまごなどの定番メニューからトマトやバナナなど変わり種も提供。

おでんが美味しいのはもちろんだが、ここで必ず食べて欲しいのは自家製チーズ豆腐。

今まで食べたチーズ豆腐の中でダントツにうまい!

あと、帰りにお土産としてバナナを一人一本もらえます笑

 

 

朝ラーメン

ラーメン屋 三八

住所:青森県八戸市江陽4-1-19

電話番号:非公開

営業時間:6:30~15:00

定休日:年中無休

朝早くからやっているセルフ形式のラーメン屋さん。

夜勤明けとかによく食べに行ってます。

オススメはシャモロックラーメンとパイカ丼。

 

 

くじら汁

田舎子(じゃいご)

住所:青森県八戸市三日町25

電話番号:080-6027-0682

営業時間:18:00~24:00

定休日:月曜日

みろく横丁の一角にある郷土料理を提供するお店。
くじら汁は冬季のみの提供ですが、大きめの鍋で出てくるので結構ボリュームがある。
味はちょっと塩分多めなコクのあるお味噌汁といった感じになってます。
冬の締めには最高な一品です。
 
 

夜食 ※H30.10.6追記

深夜食堂

住所:青森県八戸市大字六日町32 久保田ビル F1

電話番号:非公開

営業時間:0:00〜?

定休日:不明

深夜食堂の名の通り、頼めば何でも作ってくれる!

・・・訳ではないですが、深夜0時から明け方まで開店している嬉しいお店。

漫画でもおなじみのタコさんウインナーもあります。

おすすめはお酒の締めにぴったりなしじみラーメン。 

 
 

さいごに

八戸市のグルメは地域柄なのか新しくておしゃれなお店は増えていくけど、昔ながらの居酒屋や食堂はかなり少ない印象を受けました。

私としてはおかみさんのキャラが濃い小料理屋とかが好きなんですが、なかなか見つからないんですよね・・・。

今後もオススメのお店を見つけたら随時更新していきますのでたまに見に来てね!

はてなブログでカスタマイズした事まとめてみた ※H30.10.6追記

 f:id:sanozakki:20180930074154j:plain
こんにちは、さのです。
 
久しぶりにブログを書こうと思ってログインしたら、アクセスが結構集まってるやん!ってことでこのままではいかんと思い2週間くらいすきま時間を使ってこつこつカスタマイズしてみました。
でもCSSとかなにそれおいしいのレベルの知識の無さなので、色々と他の方のブログを参考にしました。
参考にした方にはささやか過ぎますが、お礼として読者登録(はてブロの方のみ)とこの記事でご紹介させていただきます。
もし読者登録されてないって方がいらっしゃればTwitterの方からご連絡ください・・・。
 
ということで以下がカスタマイズ内容です!
 
 

テーマをBrankに

まずテーマは2カラムのシンプルなデザインにしたかったのでBrankに。
 

ドロップボックスを使って外部CSSを参照させる

最初ははてブロに直接CSSを記述していたのですが、編集窓が使いづらいしテーマCSSと干渉して反映されなかったりと色々大変だったのでドロップボックスにCSSファイルを置いて編集する事にしました。

これが功を奏してカスタマイズするのがとても楽になりましたよ。

www.halu7.com

ただ問題だったのが、私は現在自分のPCを持っていないのでローカルファイルを保存しておくPCをどうしようか悩んでいたのですが、元のCSSファイルさえアップロードすれば、writeboxを使ってブラウザ上で編集する方法が見つかったので解決しました。
ただCSSファイルのバックアップを取っていないので万が一の事があると心配ですね。
 
 

ブログタイトル・ブログ説明文

ふい字

gattolibero.hatenablog.com

ログタイトルは自由ネコさん(id:gattolibero)の記事を参考にしてふい字フォントを追加。
ただ外部フォントは表示速度が気になる。
ちなみに外部CSSで外部フォントを追加する場合は、@font-faceのコードをはてなブログの方へ追加しないとうまく反映されないようです。
ご注意ください。
 
/*ふい字フォント追加*/
@font-face {
font-family: 'HuiFontP109';
src: url('/fonts/public/HuiFont/HuiFontP109.eot');
src: url('/fonts/public/HuiFont/HuiFontP109.eot?#iefix') format('embedded-opentype'), url('/fonts/public/HuiFont/HuiFontP109.woff') format('woff'), url('/fonts/public/HuiFont/HuiFontP109.ttf') format('truetype'), url('/fonts/public/HuiFont/HuiFontP109.svg#HuiFontP109') format('svg');
font-weight: normal;
font-style: normal;
}

こちらを必ずはてなブログ本体のデザインCSSへ記入。

/* ブログタイトル・説明文 */
#title a {
font-family: 'HuiFontP109', sans-serif;/* ブログタイトルをふい字に */
font-size:80px;/* ブログタイトルのサイズ */
color:#000000;/* ブログタイトルの色 */
}
#blog-description {
font-family: 'HuiFontP109', sans-serif;/* 説明文をふい字に */
font-size:21px;/* 説明文のサイズ */
}
 こっちは外部でも可。
ブログタイトルの色は目立たせるために#000000にしてます。
 

センタリング

demacassette2.hateblo.jp

ハイポジさんの記事を参考にブログタイトルと説明文をセンタリング。

#blog-title-content {
text-align: center;/* ブログタイトル・説明文をセンタリング */
}
 
 

パンくずリスト

ヘッダーのパンくずリストを消し、記事タイトル下に表示

blog.minimal-green.com

パンくずリストをそのまま表示するとグレーの段ができて不格好なので非表示にして記事上に移動。

記事上のカテゴリーと被るのでそちらも非表示に。

/* 本来のパンくずリストを非表示 */
.page-entry #top-box {
display: none;
}
/* 記事上パンくずリストのサイズ・余白 */
#bottom-box {
margin:12px 0;
font-size:13px;
}
/* タイトル下のカテゴリー非表示 */
.entry-categories {
  display:none;
}
 

トップとカテゴリーボタンのデザイン変更

デザインはゆうう兄さんのを丸パクリで参考にさせていただきました。

#bottom-box div a {
    background-color:#40B3EC;/* 背景色 */
    padding:4px;/* 文字周りの余白 */
    font-size: 11px;/* 文字サイズ */
    border-radius:3px;/* 囲いの丸み */
    color: #fff;/* 文字色 */
    line-height: 2.5em;
}
#bottom-box div a:hover {opacity: 0.5;}/* マウスオーバー時薄く */
 

現在の記事名を非表示に

記事タイトルとも被ってしまうので一番最後の項目を消しました。

#bottom-box .breadcrumb-child:last-child{display:none;}/* 現在の記事名を非表示 */
 
 

記事タイトル

フォントサイズを変更し、ふい字・センタリング

記事タイトルもふい字にしてセンタリング。
色は#111111。
でも妻に説得力がなくなりそうと言われたので考え直すかも。

あとふい字フォントで一部対応していない文字や、ひらがなの「き」だけ別のフォントになってない!?ってのがあるので悩んでます。

/*記事タイトル*/
.entry-title{
    font-weight: bold;
    font-size: 250%;
    padding: 20px 0px;
    margin: 10px 0px 10px 0px;
    color: #111111;
    text-align: center;
    font-family: 'HuiFontP109', sans-serif;
}
 
 

目次

表示・非表示ボタン、枠を追加

哀愁dogさんのを色変えただけ。
/*-----もくじのカスタマイズ-----*/
/*既存のデザイン初期化*/
.entry-content .table-of-contents {
   background: none;
   border: none;
   border-radius: 0;
}
/*目次から中小見出しを消す*/
.table-of-contents ul ul{
    display: none;
}
.table-of-contents ul{
    display: none;
}
/* 最上部に「もくじ」を追加 */
.table-of-contents:before{
   content: "【もくじ】";
   font-size: 100%;
   font-weight: bold; /* 文字の太さ */
}
/*目次横に、番号をつける*/
.table-of-contents li,
.table-of-contents ul{
   list-style-type: decimal;/*見出し左の記号*/
}
/*目次の形・文字の位置・文字の大きさ*/
.entry-content .table-of-contents {
   font-size: 90%;
   font-weight: bold;
   background: #f8f8f8 ; /* 目次の背景色 */
   padding: 10px 10px 10px 50px;  /*上・右・下・左*/
   margin: 0;
   margin-bottom:1em;/*見出し下の文字との余白*/
   border-radius:5px; /* 目次の枠の角の丸さを調節 */
   box-shadow: 0 3px 15px rgba(0,0,0,0.2);
}
/*文字のリンク色変更*/
.table-of-contents a:link{
   color:#40B3EC; /*リンク色はここを変更*/
   text-decoration: none;
}
.table-of-contents a:visited{
   color: #B0AC87; /*訪問済みリンク色はここを変更*/
}
.table-of-contents a:hover{
   color: #d2b48c;
   text-decoration:underline; /*下線をつける*/
}
 /*============================================
     折りたたみの目次 ボタン部分のカスタマイズ
================================================*/
/*折りたたみの目次 目次を見る 記事挿入 カスタマイズ*/
.table-of-contents{
    display: none;/*元の目次を消す*/
}
/*ボタンの見た目について*/
.show-area{
    display: inline-block;  /*なくても動く、一応残してある*/
    cursor: pointer;  /*触れた時の、カーソル変化*/
    padding: 0.5em 1em;
    margin-bottom: 1em; /*ボタンと目次との余白*/
    text-decoration: none;/*アンダーラインを消す、多分要らない*/
    background: #f7f7f7;  /*背景色*/
    border-left: solid 6px #40B3EC;/*左線*/
    color: #40B3EC;/*文字色*/
    font-size: 120%;  /*ボタン内の文字サイズ*/
    font-weight: bold; /*文字を太くする*/
    box-shadow: 0px 2px 2px rgba(0, 0, 0, 0.29); /*水平右・垂直下・ぼかし距離・広がり距離・red・green・blue・透明*/
}
.show-area:active{  /*ボタンを押したとき*/
    -ms-transform: translateY(4px);
    -webkit-transform: translateY(4px);
    transform: translateY(4px);/*下に動く*/
    border-bottom: none;/*線を消す*/
}
 
 

見出し

大見出し

www.notitle-weblog.com

シロマさんの記事から見出しタイプ3を拝借。

.entry-content h3 {
  padding: 4px 10px;
  color: #222222;
  border-top: 3px solid #40B3EC;
  border-bottom: 3px solid #40B3EC;
}
 

中見出し

こちらのサルワカさんを参考に、下にラインを引いて色を調整。

.entry-content h4{
 position:relative;
 padding-left:30px;
 line-height: 140%; 
 border-bottom: 2px solid #bbbbbb;
 color: #222222;
}
h4:after, h4:before{
 content:''; 
 height:18px; 
 width:4px; 
 display:block; 
 background: #40B3EC; 
 position:absolute; 
 top:4px; 
 left:15px; 
 border-radius:10px;
 -webkit-border-radius:10px;
 -moz-border-radius:10px; 
 transform:rotate(45deg);
 -webkit-transform:rotate(45deg);
 -moz-transform:rotate(45deg);
 -o-transform:rotate(45deg);
 -ms-transform:rotate(45deg);
}
h4:before{
 height:10px; 
 transform:rotate(-45deg);
 -webkit-transform:rotate(-45deg);
 -moz-transform:rotate(-45deg);
 -o-transform:rotate(-45deg);
 -ms-transform:rotate(-45deg); 
 top:10px; 
 left:7px
}
 

小見出し

www.okuni.me

小見出しのデザインはオークニズムさんから。

一応デザインは決めたけどさ、小見出しって殆ど使わなくない!?

h5 {
padding-bottom: .5em;
color: #222222;
}
h5:first-letter {
margin-right: .1em;
font-size: 2em;
}
 
 

本文

サイズ・色を変更

naifix.com

この二つの記事を参考に読みやすいように設定。

サイズを17px、色を#444444に変更

.entry-content {
font-size:17px;
color:#333333;
}
.entry-content a:link {
text-decoration: underline;
color:#1A0DAB;/*リンク色*/
}
.entry-content a:visited {
text-decoration: underline;
color:#660099;/*訪問済みリンク色*/
}
.entry-content a:hover {
text-decoration: none;
}/*マウスオーバーリンク色*/
 

アプリによってpタグ、divタグが変わる問題 ※H30.10.6追記

あると思います。

私はPC、スマフォアプリ、evernoteを使い分けています。

それによって改行のされ方がpタグとdivタグで違ってくるのが気になったのでこちらの記事を参考にしてCSSで修正しました。

cimo1212pyth.hateblo.jp

 
.entry-content p,
.entry-content div{
    margin: 0.6em;
line-height: 1.7;
}
 

キーワード下線を消す

フクロウさんの記事を参考にキーワードリンクと下線で記事が読みづらいので消した。

はやくPROにすればいいのだけれども。

/* 邪魔なキーワード下線を消す */
a.keyword {
border: 0 !important;
text-decoration: none !important;
pointer-events: none !important;
cursor: default;
color: #333333;
}
 
 

画像のセンタリング

左寄せになってたようなのでセンタリング。

/* 写真中央寄せ */
.hatena-fotolife, .http-image {
display: block;
margin: 0px auto;
}
 
 

引用

saruwakakun.com

またサルワカさんのデザインを拝借して色を調整しました。 

blockquote {
    position: relative;
    padding: 10px 10px 10px 32px;
    box-sizing: border-box;
    font-style: italic;
    color: #464646;
    background: #cde4ff;
}

blockquote:before{
    display: inline-block;
    position: absolute;
    top: -6px;
    left: -5px;
    vertical-align: middle;
    content: "“";
    font-family: sans-serif;
    color: #777777;
    font-size: 70px;
    line-height: 1;
    z-index: 2;
}

blockquote:after{
    position: absolute;
    content: '';
    left: 0;
    top: 0;
    border-width: 0 0 40px 40px;
    border-style: solid;
    border-color: transparent #ffffff;
}

blockquote p {
    position: relative;
    padding: 0;
    margin: 10px 0;
    z-index: 3;
    line-height: 1.7;
}

blockquote cite {
    display: block;
    text-align: right;
    color: #888888;
    font-size: 0.9em;
}
blockquote a:link {
text-decoration: underline;
color:#1A0DAB;
}
blockquote a:visited {
text-decoration: underline;
color:#660099;
}
blockquote a:hover {
text-decoration: none;
}
 
 

サイドバー

サイドバータイトル

ふい字にして両端に線を。

/* サイドバータイトル 直線重ねる */
.hatena-module-title {
    color: #111111;
    font-size: 180%;/* 文字サイズ */
    position: relative;
    text-align: center;/* センタリング */
    display: -webkit-flex;
    display: flex;
    padding: 0;
    margin-bottom:15px;
    align-items: center;
    font-family: 'HuiFontP109', sans-serif;
    font-weight:bold;
}
.hatena-module-title::before,
.hatena-module-title::after {
    content: '';
    flex-grow: 1;
    background-color:#555;
    height: 1px;
}
.hatena-module-title::before {
     margin-right: .5em;
}
.hatena-module-title::after {
     margin-left:.5em;
}
 

プロフィールコメント

文字を若干大きくして、リンク色を変えた。

/*サイドバープロフィール*/
.hatena-module-profile {
color:#333333;
font-size: 17px;
}
.hatena-module-profile a:link {
text-decoration: underline;
color:#1A0DAB;/*リンク色*/
}
.hatena-module-profile a:visited {
text-decoration: none;/*訪問済みリンク色*/
color:#660099;}
.hatena-module-profile a:hover {text-decoration: none;}/*マウスオーバーリンク色*/
 

フォローボタン

ゆきひーさん丸パクリしましたごめんなさい。

/*サイドバーのフォローボタン*/
.follow-btn{
width: 100%;
text-align: center;
margin-bottom: 10px;
}
.follow-btn a {
display: inline-block;
width: 70px;
height: 70px;
line-height: 32px;
font-size: 18px;
text-align: center;
text-decoration: none;
border-radius: 50%;
}
.follow-btn .hatena {
color: #3D3F44;
border: 2px solid #3D3F44;
background: #ffffff; 
}
.follow-btn .twitter {
color: #00ACEE;
border: 2px solid #00ACEE;
background: #ffffff; 
}
.follow-btn .feedly { 
color: #70CA3B;
border: 2px solid #70CA3B;
background: #ffffff;
}
.follow-btn .hatena:hover {
color: #ffffff;
background: #3D3F44;
transition: all .3s;
}
.follow-btn .twitter:hover {
color: #ffffff;
background: #00ACEE;
transition: all .3s;
}
.follow-btn .feedly:hover {
color: #ffffff;
background: #70CA3B;
transition: all .3s;
}
.text-small{
font-size: 15px;
}
 

カエレバ

rough-log.com

 こちらの記事のデザインを拝借してます。

時間があるときに他のデザインとの親和性を高めるよう調整する予定です。

/* カエレバ・ヨメレバ・トマレバ */
.cstmreba {
width: 98%;
height:auto;
margin:36px 0;
font-family:'Lucida Grande','Hiragino Kaku Gothic ProN',Helvetica, Meiryo, sans-serif;
line-height: 1.5;
word-wrap: break-word;
box-sizing: border-box;
display: block;
}
.cstmreba a {
transition: 0.8s ;
color:#285EFF; /* テキストリンクカラー */
}
.cstmreba a:hover {
color:#FFCA28; /* テキストリンクカラー(マウスオーバー時) */
}
.cstmreba .booklink-box,.cstmreba .kaerebalink-box,.cstmreba .tomarebalink-box {
width: 100%;
background-color: #fff;  /* 全体の背景カラー */
overflow: hidden;
border-radius: 0px;
box-sizing: border-box;
padding: 12px 8px;
}
/* サムネイル画像ボックス */
.cstmreba .booklink-image,
.cstmreba .kaerebalink-image,
.cstmreba .tomarebalink-image {
width:150px;
float:left;
margin:0 14px 0 0;
text-align: center;
}
.cstmreba .booklink-image a,
.cstmreba .kaerebalink-image a,
.cstmreba .tomarebalink-image a {
width:100%;
display:block;
}
/* サムネイル画像 */
.cstmreba .booklink-image a img,.cstmreba .kaerebalink-image a img,.cstmreba .tomarebalink-image a img {
margin:0 ;
padding: 0;
text-align:center;
}
.cstmreba .booklink-info,.cstmreba .kaerebalink-info,.cstmreba .tomarebalink-info {
overflow:hidden;
line-height:170%;
color: #333;
}
/* infoボックス内リンク下線非表示 */
.cstmreba .booklink-info a,
.cstmreba .kaerebalink-info a,
.cstmreba .tomarebalink-info a {
text-decoration: none;	
}
/* 作品・商品・ホテル名 リンク */
.cstmreba .booklink-name>a,
.cstmreba .kaerebalink-name>a,
.cstmreba .tomarebalink-name>a {
border-bottom: 1px dotted ;
font-size:16px;
}
/* タイトル下にPタグ自動挿入された際の余白を小さく */
.cstmreba .kaerebalink-name p,
.cstmreba .booklink-name p,
.cstmreba .tomarebalink-name p {
margin: 0;
}
/* powered by */
.cstmreba .booklink-powered-date,
.cstmreba .kaerebalink-powered-date,
.cstmreba .tomarebalink-powered-date {
font-size:10px;
line-height:150%;
}
.cstmreba .booklink-powered-date a,
.cstmreba .kaerebalink-powered-date a,
.cstmreba .tomarebalink-powered-date a {
border-bottom: 1px dotted ;
color: #333;
}
.cstmreba .booklink-powered-date a:hover,
.cstmreba .kaerebalink-powered-date a:hover,
.cstmreba .tomarebalink-powered-date a:hover {
color:#333;
}
/* 著者・住所 */
.cstmreba .booklink-detail,.cstmreba .kaerebalink-detail,.cstmreba .tomarebalink-address {
font-size:12px;
}
.cstmreba .kaerebalink-link1 img,.cstmreba .booklink-link2 img,.cstmreba .tomarebalink-link1 img {
display:none !important;
}
.cstmreba .kaerebalink-link1,.cstmreba .booklink-link2,.cstmreba .tomarebalink-link1 {
display: inline-block;
width: 100%;
margin-top: 5px;
}
.cstmreba .booklink-link2>div, 
.cstmreba .kaerebalink-link1>div, 
.cstmreba .tomarebalink-link1>div {
float:left;
width:31%;
min-width:125px;
margin:0.5% 1%;
}
/***** ボタンデザインここから ******/
.cstmreba .booklink-link2 a, 
.cstmreba .kaerebalink-link1 a,
.cstmreba .tomarebalink-link1 a {
width: 100%;
display: inline-block;
text-align: center;
box-sizing: border-box;
font-size: 13px;
font-weight: bold;
line-height: 180%;
padding:3% 1%;
margin: 1px 0;
border-radius: 4px;
box-shadow: 0 2px 0 #ccc;
background: -moz-linear-gradient(top,#fafafa,#EEE);
background: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#fafafa), to(#eee));
}
.cstmreba .booklink-link2 a:hover,
.cstmreba .kaerebalink-link1 a:hover,
.cstmreba .tomarebalink-link1 a:hover {
text-decoration: underline;
}
/* トマレバ */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkrakuten a { color: #76ae25; }/* 楽天トラベル */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkjalan a { color: #ff7a15; }/* じゃらん */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkjtb a { color: #c81528; }/* JTB */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkknt a { color: #0b499d; }/* KNT */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkikyu a { color: #bf9500; }/* 一休 */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkrurubu a { color: #000066; }/* るるぶ */
.cstmreba .tomarebalink-link1 .shoplinkyahoo a { color: #ff0033; }/* Yahoo!トラベル */
/* カエレバ */
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkyahoo a {color:#ff0033; letter-spacing:normal;} /* Yahoo!ショッピング */
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkbellemaison a { color:#84be24 ; }	/* ベルメゾン */
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkcecile a { color:#8d124b; } /* セシール */ 
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkkakakucom a {color:#314995;} /* 価格コム */
/* ヨメレバ */
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkkindle a { color:#007dcd;} /* Kindle */
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkrakukobo a{ color:#d50000; } /* 楽天kobo */
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkbk1 a { color:#0085cd; } /* honto */
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkehon a { color:#2a2c6d; } /* ehon */
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkkino a { color:#003e92; } /* 紀伊國屋書店 */
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinktoshokan a { color:#333333; } /* 図書館 */
/* カエレバ・ヨメレバ共通 */
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkamazon a, 
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkamazon a { color:#FF9901; } /* Amazon */
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkrakuten a , 
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkrakuten a { color: #c20004; } /* 楽天 */
.cstmreba .kaerebalink-link1 .shoplinkseven a, 
.cstmreba .booklink-link2 .shoplinkseven a { color:#225496;} /* 7net */
/***** ボタンデザインここまで ******/
.cstmreba .booklink-footer {
clear:both;
}
/***  解像度480px以下のスタイル ***/
@media screen and (max-width:480px){
.cstmreba .booklink-image,
.cstmreba .kaerebalink-image,
.cstmreba .tomarebalink-image {
width:100%;
float:none;
}
.cstmreba .booklink-link2>div, 
.cstmreba .kaerebalink-link1>div, 
.cstmreba .tomarebalink-link1>div {
width: 49%;
margin: 0.5%;
}
.cstmreba .booklink-info,
.cstmreba .kaerebalink-info,
.cstmreba .tomarebalink-info {
text-align:center;
padding-bottom: 1px;
}
}
.cstmreba .booklink-box, .cstmreba .kaerebalink-box, .cstmreba .tomarebalink-box {
width: 100%;
background-color: #fff;  /* 全体の背景カラー */
overflow: hidden;
border: 1px solid #ddd;  /* 外枠 */
border-radius: 0px;
box-sizing: border-box;
padding: 12px 8px;
}
 
 

今後追加していきたいカスタマイズ

ふい字フォントの読み込み速度を上げる

ふい字フォントは気に入っているのですが、外部フォントを使用すると読み込み速度が気になる。
早くする方法があるようなので、研究中。
 

トップに戻るボタンの設置

スクロールが苦痛になるほどの長文はあまり書かないけど、あった方がなんとなく便利かなと。
 

目次デザインを変えたい

なんとなくこのブログの中で1箇所だけ浮いてるよなって思います。
今後1番最初に手をつけたいところ。
 
 

カエレバのデザインを変えたい

ここもブログの雰囲気と合っていない気がするので、もっと調整します。

父親が可愛い息子と2人で買い物に行くと周りから視線が集まることに気がついた話。

先日妻が一週間不在にしてたので、1歳の息子と2人で買い物に行ったり、アパートの内覧したりしてきた時に感じたことを書くよ!
 

プチ有名人になった気分になれる!

この辺りで父親と子供の2人で外出するのは珍しいのか、凄く視線が集まるんですよね。特に八戸市は子供やママさん、妊婦に対する風当たりがかなり強いので地域性もあるのかも?
 
常に周りから見られてて、有名人っていつもこんな感じなのかなーって思います。
 
 

集まる3色の視線

f:id:sanozakki:20180304155912j:plain

いい父親視線

イクメンだと思ってくれるパターン!ママさん世代からはこんな感じで見られることが多い。店員さんにこのタイプが居ると、袋詰とかを代わりにやってくれたりする。
 
すごい優越感に浸れる。
 

可愛そうな親子視線

離婚、死別、妻の育児放棄とかそんな感じに見られてそうな感じ。年配の方からそんな怪訝な顔をされることが多い。少しでも関わるまいとめっちゃ避けられる。
 
正直偏見だろと思う。こっちは子供が好きで一緒に出かけてんだよ!って言いたい。言えないけど。
 

子供かわいい視線

子供しか見てないタイプ。そりゃね。うちの息子可愛いからね。気持ちはわかるよ。(親バカ)
 
若いホワホワした感じの女の子がよくこんな感じに見てくる。お前何も考えてないだろって言いたい。言えないけど。
 
 

本来は子供かわいい目線だけでいい。

イクメンって最近持て囃されてるし、言われて悪い気はしないけど、自分の子供の面倒を見るって本来当たり前だからな。(自分もこんな事言えた様な人間じゃないけど)
 
それをあたかも最近できた考え方の様に取り上げるメディアもおかしいし、それが流行る日本の考え方もおかしい。
 
 

男でも子供と2人で出かけるのは難しくない。どんどん出かけよう。

面倒だとか、グズられると嫌だからとかそんなこと言ってる人がいるけど僕はそうでもない。確かに自分だけで出かけるより一手間どころか三手間くらいかかるけど子供と一緒だと楽しいよ。あれこれ見て何に興味を持ってるのかとか観察するの超楽しい。
 
子供も感受性豊かになるし、協調性も高くなるのでお出かけ超オススメ。
 
グズられると気不味いとかもあるけど、子供がグズるのなんて当たり前だしそんな事も許容できない大人が悪い。いちいち非難してくる人もいるけど、あんたらの老後の年金やこれからの日本の未来を誰が背負っていくと思ってるのか。それは他でもない今現在の未成年達です。
 
もっと子供にやさしい国にならなければ、日本の今後の発展は望めないと思います。
 
 

妻が一週間不在でした。家族が欠けて初めて分かったことなど。

こんにちは、さのです。

 
先日妻が一週間不在にしてた為、義母と交代で数日休みを取り息子の面倒を見ていました。
 
妻がいない一週間は羽を伸ばせただろって?…んなわけねぇだろ笑。息子が生まれてから妻が長期間家を空けることは初めてだった為、色々と大変でしたし寂しい思いもしました。居たら居たでちょっとうるさいと思うこともありますが、居なくなったらそれはそれで寂しいですし一人じゃ息子の世話も仕事も満足にできないという事が良くわかりました。
 
そしてこれから先の事を考えて、もし妻が1週間で経っても帰ってこなかったら。もしそれが私や息子であったら。
 
私達家族は1人が欠けただけでも生活できなくなると、そう思いました。
 
 

f:id:sanozakki:20180304154718j:plain

もし私(夫)が居なくなったら。

主な収入源がなくなる。

これが一番やばい。現在、さの家の主な収入元は私の本業のみです。妻は手作りのアクセサリーを売ったりしてるけど、正直それだけでは食費ですら賄えないくらい。さの家は4月あたりから義実家より離脱して、部屋を借りる予定ですが、私の収入がなくなればその家賃も払えないので妻は実家に戻るしかない。
 

妻の負担が増える。

現在洗濯、お風呂、軽い掃除は僕が担当。息子の夕食の面倒も交代で見る感じ。料理はどうしても仕込みなどがあるので妻に頼んでます。つまり僕がいなくなったらすべて妻が担当しなきゃならない。とても大変。
 

妻が毒親にいじめられる。

特に母親が毒持ち。息子の面倒や、自分の仕事もあるのに家にいるんだから料理や掃除しろとか。受験生の義妹には過去問集買って欲しいと言われてた時に「高いから新聞でもひっくり返して解いたら」って言ってました。妻が毒親達の分まで料理作れば皿洗いなどはやるとのことでしたが、してくれた事はない。しかも納得のいく物を作らなければ使った分の食材費も請求される始末。そんな被害が全部妻に行くことになります。
 

妻と息子と猫が寂しがる。

思い上がりかもしれませんが、さの家の妻と息子と猫にはだいぶ好かれていると思っています。妻も息子も私が家にいる時はべったりくっついてますし、ねこも寝ている時以外はいつも寄ってきます。私がいないことで皆が寂しい思いをするのはいたたまれない。
 
 

妻がいなくなったら。

上でも書いた通り、現在義実家に同居中。まず妻がいなくなったらこんな毒親のいるところに住みたくないですし、一人で部屋を借りていても今の給料では保育園料を払いながらアパートを借りるという事ができないので強制的に実家に戻ることになります。散々お世話になってる今の会社も退職しなければなりません。
 
実家に戻ったとしても、僕は母親がおらず、保育園料を払えるような収入も見込めないので、祖父と祖母に息子を預けることになります。実家とは色々とモメて出てきたので正直戻りたくはないですが息子のためならば頭を下げてでも戻らなければなりません。
 
 

息子がいなくなったら。

正直息子がいなくなる未来なんて考えられないし、考えたくもありません。もう可愛すぎ大好きすぎてヤバイ。
 
息子を奪った原因を恨んで、性格が変わってしまいそう。妻とも段々と衝突するようになってうまくいかなくなってくると思います。
 
 

もしもの為に家族が欠けないように対策する。

健康を管理する。

八戸に引っ越してから2年経ったけど、全然動かないし食べることしか楽しみがないから10kgも太ったよ!!ウエストもどんどん大きくなっていく。多分妊娠6ヶ月目くらい。
 
これを解消するには適度な運動を心がけないといけませんね。筋トレしよう筋トレ。でも正直まずは筋トレする時間を使ってブログ書いて、収入増えてからジムに通ったほうが有意義な気がする。
 
あとは十分な睡眠!私は寝不足になるともれなく偏頭痛が襲ってくるので、1日7時間はちゃんと寝たい。
 

危険リスクを下げる。

トラックの配車係をやってるので、運転手に指導する立場という点でも事故は起こせません。なのでまず安全運転を心がけましょう。
 
あとはもらい事故対策にドラレコつけようかなと思ってるけど、今のボロ車に今更つけるのも抵抗があって、どうしようかなやんでます。つけるとしてももっと余裕できてからだけど。
 

感謝する。

周りの人にもっと感謝しよう。ちゃんと「ありがとう」を言える人は周りに味方が多い。私もここ一年くらい仕事で「ありがとう」を多様してたら人間関係が前よりスムーズに行くようになった気がします!
 
そして一番感謝を伝えなきゃいけないのはやっぱりパートナーですよね。そりゃ違う人間ですからたまに嫌になるときもありますよ。でも常に一緒にいるのが当たり前過ぎて、今回の件で僕にとってはもう欠かせない存在なんだと気付きました。
 
これが当たり前だとは思わずに、これからも大事にしてもらえるようお互いを大事にしていこう。